読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10選

アニメ

ルール

・2016年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。

 

「話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10選」参加サイト一覧: 新米小僧の見習日記

こちらの企画に参加させていただきます。

 

 ・魔法つかいプリキュア! 第1話「出会いはミラクルでマジカル!魔法のプリキュア誕生!」

脚本:村山功   絵コンテ&演出:三塚雅人  作画監督:松浦仁美   総作画監督:爲我井克美

f:id:mp719mach:20160220130435j:plain

『魔法つかいプリキュア!』2話までの感想 - 氷の世界

  プリキュア伝統「手つなぎ」を見せて、そこに「手を伸ばす過程」を印象的に見せてくれた話であった。そこにシリーズへの期待や不安を感じることが出来た。

前作とは違った楽しみ方が出来ている『魔法使いプリキュア!』だが、選ぶなら1話。

 

 ・キズナイーバー 第7話 「七分の一の痛みの、そのまた七倍の正体に触れる戦い」

脚本:岡田麿里 コンテ:宮島善博、小林寛 演出:宮島善博 作画監督長谷川哲也、岩崎将大

f:id:mp719mach:20161227221918j:plain

  キズナイーバーはキャラクターの表情、芝居がとても良かったと思う。それが一番良かった回。走り出す由多くんの作画と、牧の表情にグッと来た。

 

・ コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜THE LAST SONG  第24話「君はまだ歌えるか」

脚本:會川昇 

絵コンテ:黒川智之、大塚健石平信司松尾衡水島精二 

演出:大久保朋、菱川直樹 

作画監督:伊藤嘉之、小平佳幸、長谷部敦志、小田嶋 

 メカ作画監督:大塚健

 

f:id:mp719mach:20161227223100j:plain

和製ウォッチメン…とまではいかないけど、個人的に凄く重要なシリーズ。

その最終回がとても良かった。作画も演出も素晴らしい。

脚本の會川さん自身の体験と想いが乗った話だと思う。

 

・ヘボット! 第3話「コワコワ~、はじめてのコワ話」

脚本:神山修一  絵コンテ:石平信司  演出:藤本義孝  作画監督:藤崎真吾、渡辺奈月
五十内裕輔、中谷友紀子

f:id:mp719mach:20161227223943j:plain

 凄いテンポ。「一体自分は何を見ているのだろうか」という感情が一番大きかった3話。それ以降は多少ヘボット慣れしてきてある程度理解出来てきた気がする。

 

 ・デュエルマスターズVSRF 第27話「赤ちゃん対決っ! ミルクボーイたーくんVSおむつボーイかっちゃん」

脚本:小林英造  絵コンテ:中川聡  演出:伊藤史夫  作画監督:加野晃

f:id:mp719mach:20161227221326j:plain

f:id:mp719mach:20161227221340j:plain

 プリキュアの裏番組。時々とんでもない事をしているが、こちらの話が一番すごかった。主人公が赤ちゃんになったり、ヒロイン(CV丹下桜)が授乳しようとしたり…

カードゲームの販促は出来ているのかわからないが、タカラトミーさんも時々全力でふざけるのでいいんじゃないでしょか。(一方その頃、大人向けカードーゲーム「WIXOSS-ウィクロス-」のアニメ『Lostorage incited WIXOSS』ではとてつもないバトルが続けられていた)

 

 ・ドリフターズ 第七幕  「カオスダイバー」

脚本: 黒田洋介  絵コンテ 演出:山内重保  作画監督:小林利充、羽山淳一

 

f:id:mp719mach:20161227224718j:plain

f:id:mp719mach:20161227224735j:plain

  ドリフターズ山内重保組が参戦!

ヒラコー原作のアニメって難しいのかと思った所を、山内さんがアニメ的演出で魅せてくれました。本当にありがとうございます。

 

 ・ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第38話 「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その2」

脚本:ふでやかずゆき  絵コンテ:追崎史敏  演出:加藤敏幸、村田光、津田尚克

作画監督:西位輝実、石本峻一、馬場充子、仲敷沙織、芦谷耕平、横山謙次、Shin Hyung Woo、Cha Myoung Jun

 アクション作画監督:三室健太、才木康寛、山田まさし

メカ作画監督:柳沢隆

総作画監督:西位輝実、馬場充子、石本峻一

f:id:mp719mach:20161228005537j:plain

 原作付きのアニメの条件等、色々考える年でもあったが、ジョジョは原作を上手く昇華させていたと思う。38話はアニメ的演出と、原作のコマがそのまま出てきたようなカットがあり非常に濃い1話だった。そして原画に馬越さんが!4部の構成の上手さに気づかされた所も良かった。

 

・終末のイゼッタ 第3話 「天翔る剣 Das Schwert des Himmels」

 脚本:吉野弘幸 絵コンテ:藤森雅也 演出:根岸宏樹 作画監督:関根昌之、重田智(銃器・メカ) 総作画監督:山下祐

f:id:mp719mach:20161228230830p:plain

 作品に一気に引き込まれた話。

戦場の見せ方(そこで戦う兵士、兵器)とそこに降り立つイゼッタの見せ方が絶妙。まだ戦い慣れしていないイゼッタの姿は可愛さと勇ましさを感じられた。当たり前だが早見沙織さんの演技が最高。余談だが、放送終了後の特番もかなり見応えがあって思わず「う…上手い」と言ってしまった。

 

NARUTO疾風伝 第478話(698話)「和解の印」 

脚本、絵コンテ、演出、黒津安明 作画監督:黒津安明、田中比呂人

f:id:mp719mach:20161228005018j:plain

 自分が、NARUTOは青春の1ページだった事を改めて気づかされた話。

NARUTOのアニメは支えてくれた方の1人、黒津安明さんの素晴らしい演出によってNARUTOという作品を今まで追ってきて本当に良かったと思った。

 

・文豪ストレイドックス 第13話 「黒の時代」

絵コンテ:五十嵐卓哉 演出:浅井義之 作画監督:服部聰志

f:id:mp719mach:20161228005311j:plain

 五十嵐さんと榎戸さんのマジックに驚かされた話。漫画とは別の外伝小説を、見事に映像化してくださったアニメスタッフに感謝。

 

・まとめ

 2016年はアニメに驚かされた年でもあった。TVシリーズもとても良い作品が多い。

ベストには入れなかったけど、『灼熱の卓球娘」『ViVid Strike!』等も全体的に良かった。

 来年のアニメも楽しみです。

アニメ ジョジョ4部の終盤が面白い

アニメ

 
f:id:mp719mach:20161218014443j:image

4月から始まった『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』が、あっという間に最終回を迎えようとしている。

最終決戦、吉良吉影の能力「バイツァダスト」と死闘を繰り広げた川尻早人、そして東方丈助達の話から目が離せない。

今回は、特に印象的だった36~38話について書いてみる。

 

 36話

OPが特殊な演出になった。吉良吉影の能力に合わせての変更。まずこれが素晴らしい。

映像が逆再生になり、歌詞が2番に変更。

逆再生により、吉良吉影からの視点となっているように思える。

今までは、丈助達の視点でのOPだったが、逆になる事で吉良の勝利を予感させるような演出にもなっているだろう。しかし、丈助達が振り向く事で、彼らにはまだ希望がある。

 歌詞の「別れの時さへ砕けぬ意志で~」 の部分
f:id:mp719mach:20161223044725j:image

しのぶの前に現れる川尻吉良。逆再生になると川尻吉良がいなくなり、夫の帰りを待つ妻という見方も出来る。

さらに、早人がキラークイーンから解放、決意の表情。

 36話は、早人が決意をして、吉良の殺害を実行するまでの話。

「神様、どうか僕に人殺しをさせてください」と願う早人。小学生にしては重すぎる。

殺害実行をする朝、母親を守ることを決意。

早人は「僕は愛されているのか」といった疑問を持っていた。

早人の母は、おそらく息子の育て方がわからない。もしくは、息子とどう接したら良いのかかわらないのだと思う。

一方、吉良吉影は作中で両親についての過去はほとんど描かれていないが、おそらく吉良の母親も同じだったのではないだろうか。

もしくはしのぶよりも酷かったのか。

一方的な愛情としての暴力が奮われていたのかもしれない。

父親も、息子へ干渉しなかったんじゃないかな。どう育てたらいいのかわからない、どう接したらいいのかわからない。

吉良吉影父親を「その程度の存在」て見てなかった(後の描写から判断)、母親に愛されたかったんじゃないかな。ちょっと考えすぎか。

荒木先生は、悪役のバックグラウンドはあまり描かないと以前おっしゃっていたが、描かない事で想像の余地が広がる気がする。

  37話

この話は少し不満。

映像、特に声が付いた事で原作で感じられなかった違和感があった。

原作は自分のペースで読めるけど、映像はどんどん進む。台詞の量の多さが目立っていた。

まぁ4部終盤戦は、極限の戦いであり、荒木先生自身も体調を崩されており、「どうやったら吉良を倒せるか」悩みながら描いていたようで。まさにジョジョ的な勢いと極限が合わさった部分だろう。

 38話

今まで観てきたジョジョのアニメで一番良かった。

原作再現の限界を3部のアニメで感じていて、アニメと漫画は切り離して観ることを心がけていた。

しかし、38話は原作のコマがそのまま飛び出してきたようなショットが多くて震えた。コマ割りとかは流石に厳しいが。

そこに声優の演技、作画といったアニメ的演出が見事にはまっていたと思う。

億康の復活シーンなんてベタベタの展開で萎えそな所を、ここも丁度いい演出と、ノイズにならないような劇判、そして声優の演技によって素晴らしい演出になっていたと思う。改めて億康の高木さんと丈助の小野さんのキャスティングの素晴らしさを実感した。

そして原画に馬越さんが!西位さんがキャラクターデザインを担当すると聞いた時、馬越さんの参加を望んでいたが、まさか実現するとは…

 

 まとめ

  正直、こんなに4部にはまっているのに驚いている。原作読んでるときは「まー面白いなー」程度だったんでんだけど、アニメ観て4部の構成の上手さに気づいた。今更気づくことが多すぎた。

最後は、ジョジョ的にに言うと「凄み」で進んでる感じするけど、アニメでもその辺上手いことやってたんじゃないかな。

3部の2クール×2クールより、3クールで全部描き切る事の方がジョジョのアニメの構成としては正解な気がする。どうでもいいが3クールのアニメって傑作が多い気がするのは気のせいだろうか。

39話で終わってしまうのは悲しいけど、今まで見ることができてよかった。

 

 

 

マイベストエピソード7選

 以前、インタビューでお世話になったぎけんさんの企画に参加します。

ルールは、

作品としてはベストに選ばないけど好きな話数をコンセプトに、アニメ作品の好きな話数を選出し紹介する企画です。
※ コンセプトは強制ではありませんので気楽に考えてください
・ 劇場版を除くすべてのアニメ作品の中から選出(配信系・OVA・18禁など)
・ 選ぶ話数は5~10個(最低5個、上限10個)
・ 1作品につき1話だけ
・ 順位はつけない
・ 自身のブログで更新OK(あとでこのブログにコピペさせていただきます)
・ 画像の有無は問わない
・ 締め切りは8月末まで

 マイベストエピソード企画はじめました - 物理的領域の因果的閉包性

 今回私は7つ考えました。選ぶ基準は「観て衝撃的だった」話を中心にしようと思います。

宇宙をかける少女 第9話「 Q速∞」

脚本:樋口達人 絵コンテ&演出:京極尚彦 作画監督:藤井智之

 お話しはギャグ回何ですけど、まさかの野球回。このアニメはSF作品で、主に宇宙が舞台になってるんですけど、今までの話を一旦止めて、キャラクターはそのままで1話使って野球をする話です。しかも、絵コンテと演出が、あの大ヒットアニメ、ラブライブ!京極尚彦さん。おふざけ回は最近減ったなぁと懐かしく感じますね。

 

ヨスガノソラ 第11話「ソラメクフタリ」

脚本:荒川稔久 絵コンテ:しまづ聡行 演出: 嵯峨敏 作画監督:清水勝祐、滝吾郎
落合瞳

禁断の兄弟のセックスがガッツリと描かかれています。抑圧されていたものが一気に開放され、境界を超えたお話しです。玄関でセックスをしている所を開けて見られるという印象的なシーンがありました。玄関を開けるという行為で、「境界を超える」という演出が際立っていた気がします。

 

しゅごキャラ! 第29話 「キャラなり!?アミュレットエンジェル!」

脚本:小山知子 絵コンテ&演出:平尾美穂 作画監督古田誠松本卓也

 いわゆる女児向けアニメで、当時は「子供向け」ってイメージがあったんですが、しゅごキャラ!はそういったイメージを覆してくれた大変良いアニメでした。

そんな中でかなり印象的だったのが、こちらの話。

主人公のあむ(CV:伊藤かな恵)と、このと時敵対してた歌唄(CV:水樹奈々)が変身して戦うお話ですが、そこにで歌唄の兄であり、あむが恋心を抱いているイクト(CV:中村悠一)が来ます。そしたら歌唄がだたこねて色々あった挙句最後に二人はディープキスをしました。兄弟で何やってんだ!?って朝から吹き出してしまい、かなり印象に残っています。

 

瀬戸の花嫁 第20話 「男たちの挽歌
脚本:上江洲誠 絵コンテ:影山楙倫  演出:唐戸光博 作画監督松本剛

ギャグアニメにおける、声優さんの大切さを思い知った話です。

瀬戸の花嫁は、とにかく出てくる人物の声がハイテンションであり、それが2クール目からどんどんエスカレートしていた気がするんですよね。もちろん良い意味で。この話では三宅健太さん、村瀬克輝さん、玄田哲章さんの怪演に腹を抱えて笑いました。

 

コードギアス 反逆のルルーシュ 第10話「紅蓮 舞う」
脚本:大河内一楼 絵コンテ:須永司  演出:三宅和男 作画監督:米山浩平
池田有  総作画監督千羽由利子中田栄治

 初めて観た深夜アニメであり、初めて観たエピソードでした。

とにかく、物語のテンポの速さと、見せ場の多さに引き込まれました。

メカの見せ方、キャラクターの動かし方、が非常に上手いと思ったエピソードです。

 

ハピネスチャージプリキュア! 第32話「いおなの初恋!?イノセントフォーム発動!」
脚本:高橋ナツコ 絵コンテ&演出:山内重保 作画監督:赤田信人 

 みんな大好き山内重保さん。プリキュアでは初代以降久しぶりの参加でしょうか。

山内さんが演出すると、山内さんのアニメになっちゃうんですよね。

でもこの話はとても良かった。いおなと裕哉の関係性を見せる演出がとても上手かった。

 

 少女革命ウテナ 第20話「若葉繁れる」
脚本:月村了衛 絵コンテ:橋本カツヨ   演出:桜美かつし 作画監督:たけうちのぶゆき

個人的に、オールタイムマイベストエピソードであり、篠原若葉という人物が愛おしく、悲しい、大好きなキャラクターになりました。

キャラクターの表情もベスト。全てが大好きです。

 

 以上になります。中々決めるのが難しかったですが、とても選んでいるときはとても楽しかったです。ぎけんさんありがとうございました。

『SHARING』  共有と共感

映画

f:id:mp719mach:20160726232441j:plain

  

篠崎誠監督の新作『SHARING』を観た。4月に2回(アナザーバージョン1回、本バージョン1回)そして、7月に再び期間限定で上映さたので観てきた。

篠崎誠監督のフィルモグラフィーを追うのはちょっと難しいというか、中々観れる作品が無いので比較とかは出来ないが、この『SHARING』は傑作だった。

 お話は、大学で社会心理学を教えるの瑛子(山田キヌヲ)が、東日本大震災予知夢を見た人を調査している。彼女は震災で死んだ恋人の夢をずっと見続けており、予知夢の調査をしてく内に、自身が予知夢や、ドッペルゲンガー見るようになってゆく。

一方、同じ大学で、演劇学科の薫(樋井明日香)は、卒業公演の稽古で、311をテーマにした公演を進めているが、彼女もこの芝居を初めてから同じ夢にうなされるようになる。本作はこの2人のキャラクターを中心に物語は進行する。

 

  この映画、東日本大震災以降の、我々が住んでいる日本をテーマにした作品であるが、物語の舞台がほとんど大学内で限定されている。先ほど書いた、「ドッペルゲンガー」と「予知夢」や、「夢の中でまた夢を見る」といった入れ子構造も特徴的である。

過剰と言ってもいいくらいの入れ子構造のせいか、「一体どこまでが夢でどこまでが現実なのだろう」と、観ているこちらの気持ちが揺さぶられる。

 おそらく、観る人にとっては「ホラー映画」にも見えると思う。僕もそう思った。

「ホラー映画」って色んな意味で使われると思うが、本作は「建造物という空間使ったホラー映画」だと思う。

大学という限定された空間を、「ドッペルゲンガー」と「夢」の描写、そして不吉な「音」で不安にさせてくれる。撮影は立教大学で行われているが、大学内の「空間」が怖い。廊下の向こう側に立つ人、図書館から上の階のガラスを見上げると立っているもう一人の自分等…

黒沢清の新作『クリーピー 偽りの隣人』で、大学内での1カットで見せる印象的なシーンがあるが、それに近い厭な雰囲気に近い。

篠崎監督も、この「空間」を意識したと言っていた。

そんな厭な部分も続いて行く内に物語はとんでもない展開で幕を閉じた。こればっかりは観てから確かめてほしい。おそらく、今の日本に住んでいる人たちなら、絶対誰かしらが考えているだろう事。

 3.11以降を描いた映画でもあり、ホラーでもある実験的な映画だが、本作の僕が傑作だと心を揺さぶられた事には、『SHARIG』とタイトルにもなっているように、「共有する事とは何か」という事を問いかけてくれたからだ。

何でもかんでも共有する事は良い事とは限らない。共有して共感する事っていったい何だろうか。というか「感情移入」ってそもそも何だろうか。つーか、共有とか共感とか感情移入とかって過剰になると息苦しいと思う。

僕が時々思う「他者」との関わり方の難しさ、どうしたらいいかわからないモヤモヤについて、答えではないが、何か、何か、全部じゃないけど、俺の心のモヤモヤが少しだけ、ほんの少しだけ解消されたような気がする。解消してまた考える繰り返しになるが…それでも本作は僕の感情を激しく揺さぶってくれた。

決定的な誤解を生んでしまうかもしれないけど、それでも「直接目を見て話せ」と訴えかけてくれるあの場面
あの二分割、あのショットはめちゃくちゃかっこよくて、めちゃくちゃ悲しくて泣いた。今のところ今年のベストカットであり、今年のベスト映画。

 でも複数回観ると、めっちゃいいカットとちょっと退屈なカットの差が激しいような気がするが、その歪な感じも含めて好きな映画。傑作。

 

最近の行動 メモ

雑記

ブログを久しぶりに書きます。適当です。

 

・映画をそれなりに観ました。

面白い邦画が多かったです。一方で、期待していた洋画が今一なのが多かったです。

 

ドリフターズ5巻を読みました。

凄く面白かったです。

終わるのはいつになるのでしょうか。

 

文豪ストレイドックスの10巻を読みました。

凄くつまらなかったです。

収録されている5つの話が全てつまらない。これって奇跡ですよ。作者は奇跡の力を使ったんです。無駄な事に使ってますね。

あとこの作者、爆弾をやたら使いますが、「とりあえず爆発させとけば派手になる」みたいな、安易な考えがあるのでしょうか。

・アニメを観てます。

『コンクリート・レボルティオ』が超面白かったです。

『文豪ストレイドックス』は榎戸さんと五十嵐さんに痺れてます。

2人の距離 『同級生』 感想

アニメ 映画

f:id:mp719mach:20160223174252j:plain

2月22日鑑賞

  予告編観た時「攻めてるな~」って思ったんですけど、監督とキャラデザを見て「行かねば」決意したので早速観てきました。原作は未読です。

 ・あらすじ

合唱祭前の音楽の授業中、同級生でメガネの優等生・佐条利人が歌っていないことに気付いた草壁光。佐条は歌なんかくだらないのかと思っていたが、ある日の放課後、だれもいない教室でひたむきに歌の練習をする彼の後ろ姿を目にした草壁は思わず声をかける

  BLってジャンルですが、これはストレートな恋愛映画です。

っというか、人を好きになるのに性別は関係無いと思うんですよね。たまたま好きなったのが男だったか、女だったかだけで。まぁBLや百合についてはクソ素人なのであまり詳しくは書けませんが。

 この映画で素晴らしかったのが「テンポ」「コマ割り」「キャラクターの表情と芝居」です。

「テンポ」は、上映時間60分と、映画として観ると短いですがその短さを活かして気持ち良く進んでいきます。それを結ぶのが「コマ割り」

漫画的な演出が随所に見られますが、違和感が無くハマっています。それから特徴的な「画面分割」が所々に挿入されます。これがて物語の「テンポ」と合わせあって、観ていて物凄く気持ち良い。

 「キャラクターの表情と芝居」ですが、「キャラクターの表情萌え」にとっては至福の60分です。

林明美さんのキャラデザが物凄く効いていて、そこに中村章子さんの、おそらく『輪るピングドラム』等で培ったキャラの表情や仕草にフェティシズムを感じさせるのが凄く上手いです。

良かったカットなんて挙げてると「全部」になるんですが、特に良かったのが、草壁光が佐条利人を初めて「意識」するシーン(佐条が一人、教室で練習しているのを草壁が目撃する所)

ここのカット、めちゃめちゃ良いです。それぞれの顔のアップから腕と順番にカットが

入ります(たしか)。ここで一気にキャラクターに芝居をさせ、表情や仕草で気持ちを語ってるんですよね。いいなぁ…

それから噴水で初めてキスをするシーン。ここのカットも良いなぁ…あと噴水のシーンは2回出てきますが、同じ場面でも「違い」を強調させているのが良かったです。

  こんな感じで、キャラの表情と芝居で、主役2人の距離を意識出来ました。

付き合ってみても、お互いってわからない事だらけだと思うんですよね。

劇中で経過する時間はほんの1年ですが、その中で衝突したりもします。それでも「好き」という気持ちがお互い消えない限り関係が消滅したりしないんですよね。

「まじめに、ゆっくり、恋をしよう」ってテーマの通り、2人の関係はゆっくりなんですけど、それが観ていて心地よい。

2人の青春の「終わり」を見せないでまだまだ「続き」を見せてくれた着地も見事でした。

これもまた「人生という冒険は続く…」というワードが過るのであった。

 

『魔法つかいプリキュア!』2話までの感想

アニメ プリキュア

 新シリーズが始まりました。2話まで観て思った事と今後の期待を書いてみます。

 

・気になるカット

f:id:mp719mach:20160220124905j:plain

f:id:mp719mach:20160220124934j:plain

 丁度、まだぬいぐるみのモフルンが見上げるカットが入ってから、瞳に映ったリコからの流れがとても美しいと思いました。あえてスローで見せてるあざとさも気になりますが。

2人の出会いのきっかけになってるのが、モフルンなのでこのキャラの使い方もさり気なく上手いなぁと。

あと、みらいとリコの最初の位置関係も表情を含めて良かったです。

すでにみらいが「お友達になってください!」って言っているシーンではリコと同じ位置にいますね。

 

f:id:mp719mach:20160220125057j:plain

ここは、この後に入る台詞も含めて、今後の2人の関係を注目したくなるカットでした。

f:id:mp719mach:20160220130435j:plain

1話、及び2話でも注目された「手をつなぐ」こと。

初代を意識してるのかもしれませんが、個人的には意識しつつ現代的なアプローチをしてほしいです。

f:id:mp719mach:20160220130719j:plain

それより気になったのが、1話での「手を伸ばす」という過程。

リコがモフルンの腕をつかむ→落ちそうになったリコの手を伸ばしてつかむまでの流れが作画、表情含めて非常に良かったです。

手を伸ばす過程は、繋がるまでに凄く重要だと思います。そこの見せ方が上手いとグッときちゃいますね。

 

 ・まとめ

 書いてたら1話の感想中心になってしまいましたが、2話も良かったです。

ただ1話ほどの良さは感じられなかったですけど。でもまだ始まったばかりなので長い目で見守っていきたいです。

期待する事は、久しぶりに「ふたり」で始まったシリーズなので、じゃあ2016年ではどうやってその「ふたり」を見せてくれるかですかね。今後ふたりの距離はどうなるのか楽しみです。