読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マッドマックス 怒りのデス・ロードを観た。

映画

 

f:id:mp719mach:20150703021517j:plain

 初日にIMAX3D 、次の週にMX4D、次の週に爆音上映(2D)で鑑賞。

初日はあまりの凄さに鼻血を出してしまい、MX4Dで観た時は動く座席と噴き出る水しぶきで軽いショック状態になり、爆音上映では身体中に音が響き興奮。

観るたびにトリップ状態&昇天寸前になり、観終わると早く次のマッドマックスをキメたくなってしまい「マッドマックス…マッドマックスヲミサセロ…」と生きた屍と化している。

 まだ3回しか観ていないのでディテールは読み取れていないし、この映画の圧倒的な映像の前には言葉なんて必要無いんじゃないかな…とにかく「最高だった」だけで充分な気がするが、色々と語りたい事も多い。なので、まずは好きなキャラクターについて書きます。「最高」という単語を出来るだけ多く使います。

1.イモータン・ジョー

 圧倒的カリスマ。観ていて洗脳されました。最高です。

イモータン・ジョー!イモーターン!!!!!He looked at me! He looked at me! (映画を観ていて思わず、イモータン・ジョー様が私を見た回数を数えてしまった。12回見てくれたと思う)

2.リクタス

 筋肉モリモリの大男。だけど頭は5歳児ぐらいの脳筋

そんな彼が可愛いのだ。「俺も望遠鏡見せて~」とか言って「お前はイモータン・ジョー様の所に付いてろ」とか言われちゃうリクタス、母乳を飲んで「うん、うん!」って美味しそうにしているリクタス、ジョー様の妻が乗っているトラックに火炎放射器ぶっ放して「おい!大事な妻がいるのに無暗いブッパするな!」って怒らるリクタス、最後にニュークスが「俺を見ろ」って言った後に「リクタスだ!!!!」って叫んでヴァルハラへ旅立つリクタス…なんて愛おしくて最高なキャラでしょう。

3.スリット

 ニュークスのお友達。口がジョーカーみたいに裂けているウォー・ボーイズ。

何だかんだでニュークスに運転任せて槍投げ係をやる。

ニュークスが「イモータン・ジョー様が俺を見た!」って言ったら「ちげぇよ馬鹿!前の輸血袋(マックス)を見たんだよ!」って言い返す。

ニュークスがイモータン・ジョーの妻の服を持っていたため、一緒に行動する姿を目にして、「俺も輸血袋の靴持ってます!」って言って盛大に無視される。

「てめぇ!ニュークス裏切りやがって!」って言ってマックスのインター・セプターを爆走。哺乳瓶らしき物でエンジンにニトロを入れながら、最終的にニュークス達と「どっちが早いか合戦」をする。

ドヤ顔で指を指しながらインター・セプターを爆走させるが、10秒ぐらいで爆死。ヴァルハラへ旅経つ。

最高なキャラですね。

4.モロゾフ

最初にヴァルハラに旅経ったウォーボーイズ。最高な笑顔と最高なテンションでヤマアラシに突っ込んだ勇士は見事。良く死んだ!

5.フュリオサ

 かっこいい。強い。気高い。美しい。世界を革命した。最高。

6.マックス

 かっこいい。最高。

7.ババア

強い。かっこいい。最高。

8.その他大勢の登場キャラクター

 とにかくこの映画には嫌いなキャラクターは出て来ませんでした。全員好きです。

出てくるキャラクター全員の「生き様」が素晴らしい。この世界で必死に生きようとするする姿や、必死に戦って死ぬ姿は何だか生きる気力を与えてくれます。

登場キャラのほとんどが、自分の意思を強くもっているのに魅かれました。

真っ直ぐで、やりたい事とやるべき事が一致して、最後に世界の声が聞こえたフュリオサの姿には号泣。まったく最高だぜ…

 それから何回か観ている内に気づいたが、キャラクターの台詞一つ一つに重みがあった。

一番有名な「俺を見ろ」って台詞だって最初と最後じゃ意味が変わっていると思うし、最後にニュークスが言うことで重みが増す。

 5人の妻の一人が(すいません名前忘れました)が、弾丸を「死の種、植えられた物は死ぬ」と言っている。これは、イモータン・ジョーによって植えつけられた種によって、望んでもいない子供を宿してしまった彼女達が言うと、より説得力があると思う。(後に「子供がいるのかい?」→「悪魔の子よ」なんて台詞も出てくる) 

フュリオサが、イモータン・ジョーに向かって放つ最後の言葉「私を覚えているか?(Remenber me?)」だって、それまで彼女の過去なんて台詞ではまったく説明されていないのに「あぁ…やっとここまで辿り着くことが出来たのか」って感じでグッと来る場面だ。

たぶん他にもいっぱい最高な台詞はあると思う。

台詞は少ないけどアクションで語られていることは多いと思うし、少ない台詞の中に大きな意味があるのだろう。

宇多丸さんやヨシキさんもおっしゃっていたけど*1ジョージ・ミラーは本当に計算しつくして撮っていると思う。

 キャラクターの話をしたので、次に欠かせないのが劇中で登場する最高な「車」だ。

劇中に登場する車は、乗っているキャラクターの性格を表していると言っても過言ではない。

 イモータン・ジョー様乗る車「ギガホース」は、この世界に物は1つしか持てないはずだが、彼はモンスターカーにキャデラックを2台合体させて、V8エンジンを2つ搭載してV16エンジンで車を動かしている。こ…これが圧倒的権力…!流石イモータン・ジョー様だ。最高。

 リクタスの車「ビックフット」も、168センチメートルもある全地形型テラ・タイヤでどこでも走れてしまう、まさに大男の名にふさわしい車だ。

 「ドラムワゴン」も、仲間の戦闘士気を高めるために、でっかいスピーカーから太鼓の音とドゥーフ・ウォーリアーというバンドリーダーが、火を吹くギターで永遠と演奏しているのも最高にロックである。

 マックスやフュリオサが乗る「ウォー・タンク」もTHE主役機って感じで、色んなビックリドッキリ仕掛けが満載。ボロボロになりながら走り続けるその勇士はあっぱれ。

 他にも、トゲトゲの車(ヤマアラシ)とかトゲトゲのショベルカーとか、爆弾槍がいっぱい付いてる車とか、武器将軍の車(ピースメーカー)とか、ババア達のバイクとか…世界一かっこい車が戦って爆発する天下一武道会は最高である。(そういえば今回、インター・セプターは散々な目にあっているが…2以降はだいたいそんな目にあっている気がするのでまぁいいか)

 そういえば観る前までは前作との繋がりについて色々と妄想していたが、特に繋がりが無くて単体で観る事が出来たので『怒りのデス・ロード』が観るのが初めてな人にも優しい。(そもそもマッドマックスシリーズ自体が、前作との繋がりが薄い珍しい作品である事も監督が言っている)

だが、過去作をオマージュした物やシーンがチラッと登場するのもファンには最高に嬉しい。

オルゴール(マッドマックス2に登場)

不発の水平二連(マッドマックス2のマックスも同じ事をしていた)

片目が瞑れたフュリオサはマッドマックス2で、ボロボロになったマックスの姿に似ている(たしか同じく片目が瞑れていたと思う)

マックスの悪夢に一瞬登場した目ん玉が飛び出るカットはシリーズおなじみ。(これは1作目で事故死したトゥーカッターのシーンをそのまま使用したらしい)

あとは、イモータン・ジョーの砦もサンダードームのバータータウンみたいだ。

『サンダードーム』と『怒りのデスロード』における支配体制の違いを比べるのも面白い。(イモータン・ジョー様のが上手く出来ていると思う)

もしかすると『怒りのデス・ロード』の後に『サンダードーム』のような世界になる…?ってのは考えすぎだろうか。

 過去作が伝説を作ってきたように、今作もまた新しい伝説を作った気がする。

この熱狂が、当時マッドマックスを劇場で観た人と同じなのだと思うと生きてて良かったなぁと思う。

それから、これで自分のオールタイムベストの中に「マッドマックスシリーズ」を胸を張って入れる事が出来る。ありがとうジョージ・ミラー。

このまま死んでもいい気がするが、これからトリロジーにするとか言っているし、今年はまだまだ楽しみな映画もいっぱいあるので頑張って生きよう…公開が終わるまでに出来るだけマッドマックスをキメたい。そしてヴァルハラで蘇りたい。*2

I live, I die, I live again!

I'm the man who grabbed the sun, riding to Valhalla!

*1:タマフルで紹介していたジョージ・ミラーのインタビューが素晴らしかったので、観た人は読みましょう。

http://www.tbsradio.jp/utamaru/2015/06/post_897.html

*2:あの銀色のスプレー(ヴァルハラスプレー)が欲しいんですが、どこかで買えないかなぁ