読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『進撃の巨人 前編 ATTACK ON TITAN』を観た。

映画

f:id:mp719mach:20150803195509j:image

 8月1日TOHO新宿IMAXスクリーンで鑑賞。

ネタバレしない程度に書きます。

進撃の巨人』とは…と説明しなくてももうわかると思うのでそこはスルー。

原作がすげぇ売れて、アニメ化も成功して、今注目されている漫画の一つである事は間違いないだろう。

ちなみに僕は、アニメを全部観てから原作も読んだ。強い思い入れはないけど面白い作品だと思った。

そんな『進撃の巨人』が、樋口真嗣監督、脚本に渡辺雄介町山智浩さん(町山さんは共同として参加)と、なんとも闇鍋感たっぷりのスタッフで実写化された。

正直、公開前は不安要素と期待要素入り混じっていた。しかも、予告編を観て「あ、これダメっぽい…」と思ってさらに心配になったりもしたが、作品の出来が決してダメだとしても、町山さんが挑んた勝負と今後日本で作るゴジラに樋口監督が参加することを考えると絶対に観なければならないと心に誓った…

そんな不安と期待を胸にいざ映画を観ると…なんと期待以上に面白い作品になっていた。

 「原作とは別物」なんて意見もあったが、ちゃんと『進撃の巨人』してるじゃないか!

原作に対してリスペクトしつつ、独自のオリジナル設定を入れていたかなり理想的な作りであったと僕は思う。

 そして何よりグッときたのが東宝特撮の魂が入っており、『サンダ対ガイラ』や『平成ガメラシリーズ』、そして円谷の『ウルトラマン』が大好きな僕にとっては、これ等の作品を観た興奮を思い出して、心の中でガッツポーズをした。

特に『サンダ対ガイラ』を意識している部分も多いし(もしかして現代版『サンダ対ガイラ』がやりたかったのか…?)、『ガメラ3』の渋谷大殺戮シーンのような地獄絵図が繰り広げられる。生理的にヤバイ巨人が人を喰いまくるシーンはまさに地獄。千切れる手足、踏みつぶされる人々、血しぶき…と、PG-12とは思えないゴア描写が多い。町山さんやプロデューサー等が映倫の人を必死に説得してPG-12にしたそうだ。

そしてウルトラマン…そうウルトラマンなのだ…ラスト10分ぐらいのカタルシスは凄い。ラストに映画のタイトルが出てくるのだが、それを見た瞬間思わず笑ってしまった。タイトルが出てくる所、特撮好きの人は見逃さずに。

予告編で心配だった立体起動の演出は…映画で観るとそれほど悪くなかった。もう少し頑張ってほしかったけど…

 ここまで、巨人の描写や特撮好きにはたまらない素晴らしい個所も多かったが、残念だった所もある。

映画オリジナルキャラクター「シキシマ」というキャラが、映画内で以上に浮いた存在であったり、出てくるキャラクターに今一魅力を感じなかったり、かなり滑った演出も多く見られた。

お話運びもやや強引であったし、特に中盤少しダレてしまうのが痛い。

まぁキャラクターのよくわらかない台詞やお話に関しては後編を観ないと判断出来ない…その辺は後編を観てから自分なりに結論を出そう。

ただ、唯一キャラクターに関して良かったのが主人公「エレン」の設定だ。

原作では巨人を恐れず、あまり弱さを見せないキャラクターだと原作者は語っているが、それでは「映画的には面白くないだろう。成長していってほしい」と言って監督や町山さん等と話し合った結果、映画では徹底的に無力な存在として描かれている。

どんどん悲惨な状況になり地獄の底まで落とされる。

そして何もかも失った彼が、物語の最後で起こす行動が今作最大の燃える展開。

町山さんの「でもやるんだよ!」精神が「エレン」に反映されているようだった。

余談であるが、原作者である諌山さんは「映画的に面白くなるなら設定変更をどんどんしても構わない」と設定変更には肯定的であり、「世界観は現代でもいいのではないか」とか「人を食う巨人さえ出てくれればいいんじゃないか」、さらに映画『ザ・レイド』の巨人版のような、ストーリーを提案したそうだ。しかし、樋口監督や町山さんは「それじゃ『進撃の巨人』ではなくなってしまうんじゃないか…」と言っていたそうだ。この辺の話は凄く面白い。

 そんなわけで、ちょっと残念な所もあったが素晴らしいシーンがかなり多かったので大いに満足。後編も期待しています。特撮好きなら観て損はないはずです。

 原作ファン、特にキャラクターに思い入れが強い人は賛否分かれそうですけどね…