話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10選

ルール

・2016年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。

 

「話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10選」参加サイト一覧: 新米小僧の見習日記

こちらの企画に参加させていただきます。

 

 ・魔法つかいプリキュア! 第1話「出会いはミラクルでマジカル!魔法のプリキュア誕生!」

脚本:村山功   絵コンテ&演出:三塚雅人  作画監督:松浦仁美   総作画監督:爲我井克美

f:id:mp719mach:20160220130435j:plain

『魔法つかいプリキュア!』2話までの感想 - 氷の世界

  プリキュア伝統「手つなぎ」を見せて、そこに「手を伸ばす過程」を印象的に見せてくれた話であった。そこにシリーズへの期待や不安を感じることが出来た。

前作とは違った楽しみ方が出来ている『魔法使いプリキュア!』だが、選ぶなら1話。

 

 ・キズナイーバー 第7話 「七分の一の痛みの、そのまた七倍の正体に触れる戦い」

脚本:岡田麿里 コンテ:宮島善博、小林寛 演出:宮島善博 作画監督長谷川哲也、岩崎将大

f:id:mp719mach:20161227221918j:plain

  キズナイーバーはキャラクターの表情、芝居がとても良かったと思う。それが一番良かった回。走り出す由多くんの作画と、牧の表情にグッと来た。

 

・ コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜THE LAST SONG  第24話「君はまだ歌えるか」

脚本:會川昇 

絵コンテ:黒川智之、大塚健石平信司松尾衡水島精二 

演出:大久保朋、菱川直樹 

作画監督:伊藤嘉之、小平佳幸、長谷部敦志、小田嶋 

 メカ作画監督:大塚健

 

f:id:mp719mach:20161227223100j:plain

和製ウォッチメン…とまではいかないけど、個人的に凄く重要なシリーズ。

その最終回がとても良かった。作画も演出も素晴らしい。

脚本の會川さん自身の体験と想いが乗った話だと思う。

 

・ヘボット! 第3話「コワコワ~、はじめてのコワ話」

脚本:神山修一  絵コンテ:石平信司  演出:藤本義孝  作画監督:藤崎真吾、渡辺奈月
五十内裕輔、中谷友紀子

f:id:mp719mach:20161227223943j:plain

 凄いテンポ。「一体自分は何を見ているのだろうか」という感情が一番大きかった3話。それ以降は多少ヘボット慣れしてきてある程度理解出来てきた気がする。

 

 ・デュエルマスターズVSRF 第27話「赤ちゃん対決っ! ミルクボーイたーくんVSおむつボーイかっちゃん」

脚本:小林英造  絵コンテ:中川聡  演出:伊藤史夫  作画監督:加野晃

f:id:mp719mach:20161227221326j:plain

f:id:mp719mach:20161227221340j:plain

 プリキュアの裏番組。時々とんでもない事をしているが、こちらの話が一番すごかった。主人公が赤ちゃんになったり、ヒロイン(CV丹下桜)が授乳しようとしたり…

カードゲームの販促は出来ているのかわからないが、タカラトミーさんも時々全力でふざけるのでいいんじゃないでしょか。(一方その頃、大人向けカードーゲーム「WIXOSS-ウィクロス-」のアニメ『Lostorage incited WIXOSS』ではとてつもないバトルが続けられていた)

 

 ・ドリフターズ 第七幕  「カオスダイバー」

脚本: 黒田洋介  絵コンテ 演出:山内重保  作画監督:小林利充、羽山淳一

 

f:id:mp719mach:20161227224718j:plain

f:id:mp719mach:20161227224735j:plain

  ドリフターズ山内重保組が参戦!

ヒラコー原作のアニメって難しいのかと思った所を、山内さんがアニメ的演出で魅せてくれました。本当にありがとうございます。

 

 ・ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第38話 「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その2」

脚本:ふでやかずゆき  絵コンテ:追崎史敏  演出:加藤敏幸、村田光、津田尚克

作画監督:西位輝実、石本峻一、馬場充子、仲敷沙織、芦谷耕平、横山謙次、Shin Hyung Woo、Cha Myoung Jun

 アクション作画監督:三室健太、才木康寛、山田まさし

メカ作画監督:柳沢隆

総作画監督:西位輝実、馬場充子、石本峻一

f:id:mp719mach:20161228005537j:plain

 原作付きのアニメの条件等、色々考える年でもあったが、ジョジョは原作を上手く昇華させていたと思う。38話はアニメ的演出と、原作のコマがそのまま出てきたようなカットがあり非常に濃い1話だった。そして原画に馬越さんが!4部の構成の上手さに気づかされた所も良かった。

 

・終末のイゼッタ 第3話 「天翔る剣 Das Schwert des Himmels」

 脚本:吉野弘幸 絵コンテ:藤森雅也 演出:根岸宏樹 作画監督:関根昌之、重田智(銃器・メカ) 総作画監督:山下祐

f:id:mp719mach:20161228230830p:plain

 作品に一気に引き込まれた話。

戦場の見せ方(そこで戦う兵士、兵器)とそこに降り立つイゼッタの見せ方が絶妙。まだ戦い慣れしていないイゼッタの姿は可愛さと勇ましさを感じられた。当たり前だが早見沙織さんの演技が最高。余談だが、放送終了後の特番もかなり見応えがあって思わず「う…上手い」と言ってしまった。

 

NARUTO疾風伝 第478話(698話)「和解の印」 

脚本、絵コンテ、演出、黒津安明 作画監督:黒津安明、田中比呂人

f:id:mp719mach:20161228005018j:plain

 自分が、NARUTOは青春の1ページだった事を改めて気づかされた話。

NARUTOのアニメは支えてくれた方の1人、黒津安明さんの素晴らしい演出によってNARUTOという作品を今まで追ってきて本当に良かったと思った。

 

・文豪ストレイドックス 第13話 「黒の時代」

絵コンテ:五十嵐卓哉 演出:浅井義之 作画監督:服部聰志

f:id:mp719mach:20161228005311j:plain

 五十嵐さんと榎戸さんのマジックに驚かされた話。漫画とは別の外伝小説を、見事に映像化してくださったアニメスタッフに感謝。

 

・まとめ

 2016年はアニメに驚かされた年でもあった。TVシリーズもとても良い作品が多い。

ベストには入れなかったけど、『灼熱の卓球娘」『ViVid Strike!』等も全体的に良かった。

 来年のアニメも楽しみです。