読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『スプリット』あたなの世界と私の世界

f:id:mp719mach:20170518012200j:plain

シャマシャマシャマラン、シャマシャマラン、シャマランの新作です。

ネタバレしてます。

 

・あらすじ

 謎の男(ジェームズ・マカヴォイ)に拉致されて監禁された女子高生3人組。男は23の人格を持っていた

多重人格(解離性同一性障害、DIDと呼ばれることも)を患う人物であった。

はたして3人は脱出することが出来るのか、そして彼の持つもう一つの人格が…

 

 M・ナイト・シャマラン監督の最新作。「シャマラン完全復活!」といったキャッチコピーを見た時は「シャマランはいつも通りじゃないのか」と思ったが、世間的な評価はあまりよろしくないようで。ってか前作『ヴィジット』でも「復活!」なんて言われていたと思うが…まぁそれは置いとくとして、本作はシャマランによるシャマランによるシャマランの作品である事は間違い無いだろうし、僕はシャマランの作品に対しては「シャマランなら楽しんでみる」という姿勢を持って観ています。

 

・彼の世界 

ジェームズ・マカヴォィ演じるケヴィンという男は解離性同一性障害(以下DID)であることは物語の序盤で分かりますね。

彼はいくつもの人格を持ち、現在は主に3人の人格が入れ替わっているようだ。

(追記:少し勘違いをしていました。最初に出てきた人格の男が「デニス」そして女性の人格である「パトリシア」9歳の少年の人格が「ヘドウィグ」であり、先生の前で装っていた人格が「バリー」であり、物語は主にこの4人の人格で進んでいきます)

かかりつけの精神カウンセラー「フレッチャー先生」の元へ何度も足を運ぶ彼ですが、その人格は「デニス」であると最初は示される。

しかし、後に、「ケヴィン」を装った「デニス」である事が分かります。「デニス」は女子高生3人を誘拐した人物であり強迫性障害な面がある。

この辺りのジェームズ・マカヴォイの演技は素晴らしい。フレッチャー先生との会話の中で人格が入れ替わるシーンがあるが、1カットでその入れ替わった人物をマカヴォイが演技をしています。

さて、ではなぜ女子高生を監禁しているのか。というと、実はもう一人の人格「ビースト」がもうすぐ誕生して、不純な若者を拉致して餌にするからだ。

不純な若者と言いましたが、これには例外があるようです。それは後程。

フレッチャー先生は彼が女子高生を監禁していることは知らず、物語の後半で分かる。そして「ビースト」なる人格もすこし懐疑的な印象。しかしそれも受け入れてカルテルに書いてる場面が映されます。基本的に彼を「理解しようとしている」人物である事ではないでしょうか。

 

・私の世界

 拉致されて監禁された女子高生3人組はケイシー、マルシア、クレア。

本作のもう一人の主人公である人物はケイシー(アニャ・テイラー=ジョイ)だ。

彼女だけどこか異質な雰囲気を出している。拉致される前も、マルシア、クレアから「クラスで浮いている」とか「わざと居残りされるためにイタズラしている」といった事が何気ない台詞で提示されます。そういえばこの映画、冒頭はケイシーの顔が印象的に映し出されていた。その瞳はどこか別の世界に生きているような、そんな雰囲気。

そんな彼女は、拉致されてパニックを起こしている他二人とはどこか違う雰囲気。

厳密には他の二人と同じく不安と恐怖心はありますが彼女の世界は違う。

それは後に、彼女が叔父から虐待を受けていたことが明らかになるからだ。

僕は本作を観ていて少し前に読んだ、高橋和巳著『消えたい、虐待された人の生き方から知る心の幸せ』という本を思い出した。

虐待を受けて育った子供は、他の一般的な家庭で育った人とは別の世界を生きている。厳密に言うと他の人ととの物事のとらえ方だとか、生き方が違っていると書かれていた。

たとえば、「どうすれば上手く相手を怒らせないように行動するのか」だとか、「時間」に対する考え方、ある時期まで生きて自分の決めた時期になったらこの世界から「消えてしまおう」(「死にたい」ではなく「消えたい」)や、とある患者からの発言を本文から抜粋すると

「今までは、人生をテレビでみているみたいで、コントロールできた。見たくもないものはスイッチを切るか、切らなければボリュームを下げた。そうすれば、目の前に動画が流れ私はただ眺めているだけですんだ。親の望んでいない自分は『処分される』と思ってきた。自分がいなかったので、私と家族と家の周りの風景はすべて客観的だった。

だから、私は周りには興味がなかった。興味がある振りはできるけど、根本的に興味がない。『なんでそんなに冷静に淡々と話せるのか』と、よく人から言われる。私は逆に、なんでみんなそんなに熱心に人生を語れるのかと思っていた」

受け入れがたい現実、つながりたくない現実から逃れるために解人症が起こる。あるいは、前向きに生きていこうとする「主体性」が途切れる時にそれが起こることもある。 

また、「死にたい」ではなくなぜ「消えたい」なのかというと

「死にたい」は、生きている、を前提としている。

「消えたい」は、生きたい、生きている、と一度も思ったことがない人が使う。

「死にたい」と思うには、その前提に、本当はこう生きたいという希望や理想がある。あるいは、人生のある時期、楽しく生きてきたという経験がある。でも、何かの事情で、自分が望んできた人生が実現できないと分かり、その時に人は死にたいと思う。

中略

一方、虐待を受けてきた人の「消えたい」には、前提となる「生きたい、生きてみたい、生きてきた」がない。生きる目的とか、意味を持ったことがなく、楽しみとか、幸せを一度も味わったことのないひとから発せられる言葉だ。今までただ生きてきただけで、何もいいことが無かった、何の意味もなかった。そうして生きていることにつかれた。だから「消えたい」…

  僕は映画を観ていてこの本がずっと頭を過っていた、もちろん「虐待」が本作の完全

なメインのテーマである…とは思わない。

ただし、ケイシーは叔父から虐待を受けている事が分かる。そして、クラスからの孤立、家に帰りたくないあまりの「わざと居残りをする」幸い、彼女自身はまだ精神的な症状は出ていない、ただし、彼女たちを監禁したケヴィンはDIDである。

・彼の世界と私の世界

物語は、最終的にケヴィンの「ビースト」の人格が解放され世界へ放たれる。

ケイシーは一人生き残る。それはなぜか、「ビースト」である彼の口から「お前は違う(すいません、この辺曖昧でした」的な台詞を言われ見逃される。彼女は監禁から解放され、また同じ世界へと帰ってゆく。「ビースト」から観た「不純な若者」とは違う彼女。

しかし、最後の彼女の顔、瞳には今までとは違う何かがあるように思えた。少し違った世界の見え方が彼女に芽生えたのではないか。叔父との接し方が完全に変わるわけではない、だけど彼女もまたこの世界で生きてゆくのだ。

 本来交わる事の無かった人物が、あるきっかけで出会い、もしかしたら彼は私だったのかもしれない、彼は彼女だったのかもしれない。お互い、住んでいる世界は同じであった、だけど彼は新しい世界へと解放された。

 

・まとめ

虐待を受けた人物を美化している作品とは思わない。

彼のやった監禁は立派な犯罪だ。しかも「ビースト」は残虐な人喰いの殺人を犯している。それでも、許されないことをしたが彼の「解放」は彼にとっての救いだったのかもしれない。

本作は、私はこのような側面から観てしまいった。様々な見方があり、人それぞれ思うところもあるだろう。音楽の使い方や、撮影の素晴らしさ…等は僕はあまり詳しくないが、ズンズンといった音の使い方はとても良い。そして、配管だけの廊下(道?)を走る少女の場面は音も相まって素晴らしいシーンだと思った。

そして、本作驚く展開が、なんとあの『アンブレイカブル』と同じ世界であり(最後に「ブルース・ウィリス」のカメオ出演は驚いた)そして『スプリット』と『アンブレイカブル」を合わせた続編『Glass(原題)』が2019年に公開予定だそうだ。まさにシャマラテック・ユニバースの誕生である。シャマラン自身、過去の作品と立ち向かう姿勢も感じて、今から楽しみである。そして、『スプリット』は僕の大好きな『サイン』と並び「特別な一本」になった。ありがとうシャマラン。あんたすげぇよ。

 

参考文献:高橋和巳『消えたい、虐待された人の生き方から知る心の幸せ』高橋和巳