日記1

11月1日、突然だが日記を付けようと思いついた。理由は無い。人生なんてなんの意味もないと思うが日々の記録ぐらいつければ多少はマシになるのではないかと思った。いや、何がマシになるのか。

毎日やる必要もないが、自分の感情を何かにぶつけたくなったら書いてみようと思う。

 

  突然だが、怒鳴る人が苦手だ。ついでに外で大声ではしゃぐ(主に大学生)が苦手だ。

怒鳴る、と言っても何か理由があるのだろう。

何となく怒る理由はうるせぇ声に紛れて耳から入ってくる情報を何とか聞き取れば理解出来ると思うが、大声を出されると身体が硬直してしまう。

パニック障害を患っているので、それに近い症状が出てくる(他、思考の停止、吐き気等)。また、どこへもぶつけられない感情が一気にたまり、我慢出来なくなると泣いてしまう。

同様に、誰かが怒鳴らている、大声で何かを言われている姿を観る/聞きいても同じ症状が出てしまう。

自分が怒鳴られているわけじゃないなのだが、聞こえてくるとどうも自分に言われている錯覚に陥ってしまう。これが一番厄介で、職場でかなり苦労している。

「気にするな」とか「受け流せ」と周りは思うだろうし、実際そうしないと生きていけないだろうが私の場合は昔からそれが出来ない。困ったものだ。

人はなぜ怒鳴るのだろうか。「怒り」の感情は誰にでもあるし、私もイライラする事もある。だが、怒鳴る前に一回相手の事、周りの事を考えてから発言出来ないのか。出来ないんだろうな、「怒り」の感情が先行しちゃうから。

周りが変わるんじゃないくて、自分が変わるしかないが、ストレスはどうしてもかかるので難しいな。

あと、外ではしゃぐのは、ちっちゃい子供は微笑ましいが、大の学生が電車とか街中で必要以上の、声のトーンを発生させたりする現場に遭遇するとビックりするのでその辺はどうか緩やかに滅んでください。

 

 今後、自分が怒鳴られたり理不尽なキレ方された時は『ビッグ・リボウスキ』のあのシーンを再現すればいいのではないかと思った(高橋ヨシキさんの話を思い出しながら)

「聞いてなかった」と。

ぶん殴られたらその時はその時だ。自分に正直になろう(暴力はよくないです。)

www.youtube.com